韓国語をホンキで聞き取りたい!そんなあなたに最適な方法とは?

教室に通いたいけど時間がない!とお悩みの方へ
韓国語初めてでも安心!教室に通わなくても、自分のペースで好きな時に、何でも繰り返し動画で学べるオンライン韓国語講座「金先生の韓国語オンライン基礎講座」はいかがですか?

韓国人の友達を作りたいユキエ
金先生、私どうしても聞き取りをマスターしたいんですけど・・・何をどうすれば聞き取れるようになるのか教えてほしいんです。
金玄玉
ユキエさん、こんにちは!
韓国語の聞き取りは、ホント苦手が方が多いですね。
では今回は、韓国語を聞き取りたい!って思っているユキエさんのような方に、どうすればいいのか?をお話ししましょう。

なぜ韓国語の聞き取りは難しいのか?

韓国語を勉強している方たちが声をそろえて言うのが、やっぱり「聞き取りが難しい」ということです。

確かに英語や中国語などに比べて、韓国語の聞き取りは難しいのは事実です。

韓国語の聞き取りが難しいという大きな要因は、英語と違って、まったく初めて接する音が多いからです。

また、その音が日本語でも英語でも近い音というのがないため、耳に違和感を覚えてしまうんです。

それが、韓国語の聞き取りが難しいという理由です。

何度も何度も、その慣れない違和感のある「音」を聞いて、耳がその音に違和感を感じなくなることがまず大事。

聞き取りたい以前に、韓国語の「音」に対して違和感がないと思うことが大事です。

そして、これは「ある程度勉強したのにそれでも聞き取れないよ」という方に言えることなのですが、日本語は一文字づつ読んでも、あわせて読んでも音が変わりません。

しかし、韓国語は一文字読むときとあわせて読むときの音の変化が、それぞれいろんなパターンで、いろんな組み合わせ方で、音が全部変わってしまうのです。

その複雑さから、なかなか韓国語の聞き取りをマスターすることは難しいんですね。

韓国人の友達を作りたいユキエ
なるほど~そういえば、韓国語の音ってほとんど耳慣れないものばかりですよね。だから難しいのか~
金玄玉
そうなんですよね。その点、英語の場合は、小さいころから日常生活の中に入ってきているので、ある程度は耳が慣れている。だから比較的簡単に聞き取ることができるようになることが多いんです。
韓国人の友達を作りたいユキエ
実際にところ、韓国語の聞き取りをマスターするのにどれくらいの時間がかかってしまうものなんですか?

聞き取りをマスターするのにどれくらいかかるの?

個人個人のレベルも違いますので、具体的に○○日でマスターできるということははっきりとは言えません。

子供のころに自転車の練習をした時のことを思い出してみてください。

すぐ乗れる子もいれば、なかなか思うように乗れない子もいる。

いきなり乗れる子ももちろんいますけど、何回も転んだり繰り返しやって、「あれ?乗れちゃった」という感覚。

韓国語も聞き取りたいのであれば、何回も何回も聞いて、「あれ?わかった」みたいな瞬間がくる感じなんですね。

だから、一概に○○日でマスターできるとは言えないのです。

あとは、どのレベルで聞き取りをマスターしたというのも、それぞれの感覚や目的の違いがありますのでなんとも言えないところではあります。

韓国に永住したい人と、韓流ドラマを字幕なしで観たい人とでは、「マスターした」というレベル感が違いますよね?

それと一緒です。

とはいえ、おおよその目安みたいなのは知っておきたいですよね。

大体1年くらい聞き取りのトレーニングをやると、もう違和感なく、きちんと言葉として聞こえるようになります。

ただ、これは、ある程度韓国語の基礎ができている中級者の場合。

初心者の場合は、やはりそれ以上の期間はかかってしまうケースが多いです。

そして、3年ぐらいやると、自分がわかる単語はほぼほぼ聞き取れます。

もし「3年やっても私は聞き取れません」という方は、きつい失礼な言い方かもしれませんが、ボキャブラリーがないということです。

どこを目指すのかにもよりますが、韓国語の聞き取りをマスターするには、おおむね1年から3年はみたほうがいいということが言えます。

韓国人の友達を作りたいユキエ
うわぁ~3年もかかるのか・・・でも、いままで耳に馴染みのなかった音を聞き取ろうとするわけですから、それくらいはかかりますよね。
子供のころだって、言葉を覚えるのに3年くらいはかかりますもんね。
金玄玉
そうですね。ユキエさんの言うとおり、ちょっと時間はかかるかもしれませんが、これまでの日常生活での韓国語との接触頻度を考えれば・・・仕方がないことです。
韓国人の友達を作りたいユキエ
よ~し!時間はかかるけど頑張るぞぉ~!
それで、金先生、聞き取りの勉強法っていろいろあると思うんですが、それぞれのメリットとデメリットって教えてもらえませんか?

聞き取り勉強法のメリットデメリット

韓国語の聞き取りの勉強法はいくつかありますが、やはりそれぞれメリットデメリットは存在します。

主な勉強法のメリットデメリットをここではお話ししていこうと思います。

聞き取りアプリ

メリットデメリット
手軽
簡単
費用が少ない
韓国語に接する感覚、リズムは保てる
実際に頭に残らない
暗記する、知識にするというのはちょっと弱い

韓流ドラマ

メリットデメリット
手軽
簡単
費用が少ない
話の内容である程度の意味を理解できる
応用が利かない
ドラマのシチュエーション以外での聞き取りが身につかない
初心者向けではない

音声CD付きテキスト教材

メリットデメリット
手軽
簡単
費用が少ない
文字で確認しておくといろんな活用を頭で想像できるので、いろんな場面での聞き取りができるようになる
耳で聞いて⇒読むというふうにしないと逆に覚えにくい
自己学習になるので続けられない場合が多い

韓国語教室

メリットデメリット
生の会話を学ぶことができるためしっかりと覚えることができる
楽しみながら続けられる
ピンポイントで苦手な部分、わかりにくい部分を教えてもらえる
費用がかかる
自分の時間で学べない
通うのに手間がかかる

韓国語を聞き取りたいなら目的目標を持とう

勉強法はいろいろあるわけですけど、実際のところ、韓国語の聞き取りに最も大切なことは、「目的目標をしっかりと決めること」そして「継続すること」です。

例えば半年ごとだったり、1年ごとだったり、目標を立てる。

例えば

1年後には一人旅行する。
2年目には検定に挑戦する。
3年目にはネイバーのサイトのブログを自分でつくる。

こういうふうにひとつづつ目標を立てることで、継続していくモチベーションにつながります。

ゴールの見えない状況ほど、人の成長をストップさせてしまうことはありません。

長すぎず、短いスパンで目標を決めていって、それを目的に通っていけば比較的続けやすい。だらだらやっても、結局は続かなくなってしまいますからね。

韓国人の友達を作りたいユキエ
でも先生、目標とか目的とかないという場合はどうすればいいですか?
金玄玉
そこはやっぱり自分の好みがベースになります。そのためにも自分の好みをよく知ることですね。

旅行好きな方はそこにつなげる。本が好きな方は、韓国の原書を自分で読んで翻訳してみるとか。

あと、ニュースとか政治問題が好きな方は、ニュースが聞き取れて、ゆくゆくは韓国の新聞が読めるとか。

そういう目標の立て方で全然問題ありませんよ。

実際に、KECに学びに来てくださっている生徒さんも、目的や目標が明確になっている方の覚えるスピードは、目標が決まってない人よりも格段に速いですよ。

それくらい、韓国語の聞き取りをマスターするためには「目的・目標」が大事になってきますので、しっかりと意識してみるといいですね。

教室にくれば、私がいろんな事例を紹介したり、いろんなコンテンツ、いろんなことを提供できるので、その中から目的や目標のヒントを得られますよ。

まとめ

韓国語を勉強していくにあたって、やはり一つの壁となるのが聞き取りです。

でも、決して恐れることはありません。

韓国語の聞き取りは、これまで耳に馴染んでいなかったから時間がかかるのはしょうがない。ということを認識すること。

そして、あなたの好きなこと、やりたいこと、願望をベースに、韓国語をマスターしたい本当の目的、目標をしっかりと持つこと。

これが大事ですよ。

金玄玉
日本国内の韓国語教室でしっかりと基礎を身につけて、基礎を身につけたら韓国に行って、現地のリアルな会話に慣れるというのが、いちばん最適な韓国語の聞き取りをマスターする方法なんですよ。
もちろん、目的・目標は忘れずにね♪

参考になったらお友達にも教えて下さいね♪


韓国語をしっかり勉強したいけど、時間がなくて教室には通えないとお悩みの方へ

韓国語初めてでも安心!教室に通わなくても、自分のペースで好きな時に、何でも繰り返し動画で学べるオンライン韓国語講座「金先生の韓国語オンライン基礎講座」でしっかりと韓国語の勉強をしてみませんか?

パソコンからでもスマホからでも、もちろんタブレットからでも学べる専用サイトをご用意。ご自宅でも通勤通学の途中でも、自分の好きな時に何度でも繰り返して、韓国語の基礎が学べるオンライン動画講座です。

韓国語が初めての方でも無理なく続けられるような講座構成になっていますので、楽しみながら韓国語を勉強してみませんか?


ABOUTこの記事をかいた人

KEC日本橋外語塾 代表 金玄玉(キム ヒョンオク) 言葉を習うきっかけは様々ですが、上達の方法は「一つ」、継続することです。 しかしながら、続けるのは簡単そうでなかなか難しいです。 みなさんが続けられるように楽しく時にはうるさく指導しながらみなさんの「ことばの母親」になることを目指し頑張ります。